愛知県の小児がん罹患者数は149人

スライド1

愛知県の小児がん罹患者数は149人

「学校に行って授業を受けたい」。「友だちと外で遊びたい」。入院している子どもたちの生活には、そんな当たり前の日常がありません。教育面では院内学級(※)の設置や訪問教育等のサポートがある一方で、精神面では同年代の友だちと一緒に遊ぶ機会が限られ、その年代に合った関わりが難しいなど、十分なサポートがありません。 (さらに…)

長久手市の就学援助数171人

見える化ウェブ画像(楽歩)

長久手市の就学援助数171人

「子どもの6人に1人が貧困」。 このショッキングなフレーズがメディアで見られるようになって数年が経ちます。厚生労働省が2012年に実施した国民生活基礎調査によると、子どもの貧困率は16.3%。この過去最悪の調査結果を受けて、政府は2014年に「子どもの貧困対策の推進に関する大綱」を閣議決定しました。 (さらに…)

愛知県のひきこもり者数(15 歳以上39 歳以下)は約43,000人(推計)

見える化ウェブ画像(アウトリーチ)

愛知県(※1)では、15歳以上無業者(※2)のうち58万5千人が「就業」を希望しています。うち、求職活動中の数は26万人で、求職活動期間が1年以上の無業者は7万7千人(2年以上に至っては4万2千人)にのぼります。 (さらに…)

愛知県の外国人聴覚障害者数は約500人(推計)

見える化ウェブ画像(ろう国際)

愛知県の外国人聴覚障害者数は約500人(推計)
愛知県内の外国人住民数は209,351人。人口に占める外国人比率は、東京都に次いで多い2.8%です。聴覚障害者数に外国人比率をかけると、愛知県には約500人の外国人聴覚障害者が暮らしていると推計されます(図1)。 (さらに…)

豊橋市内の高校に在籍していた外国人高校生の48.4%は卒業後の進路が不明

見える化ウェブ画像(フロンティアとよはし)

 愛知県の高等学校に通う外国人生徒数は2014年度時点で1,057人。この6年間で約1.7倍(※1)となっています。日本で生まれ育ち、日本で進学・就職期を迎える外国人の若者も増え、豊橋市では高等学校に通う外国人生徒の3分の1以上が「日本生まれ」と回答しています(※2)。 (さらに…)

1 / 1012345...10...最後 »